月別アーカイブ: 2010年11月のブログ

秋も往き

2010年11月30日

丹波福知山も霜月晦日を迎え、日々の風も肌寒く感じるようになってきました。

落葉した色とりどりの紅葉もやがて枯れ葉に。

20101130

明日からは師走12月。

今年もわずかひと月となりました・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紅葉-東福寺編-

2010年11月29日

京都の紅葉で有名なのは東福寺。

20101129-1

寺内は高低差があって敷地も広く、見渡す限りもみじの樹々。

20101129-2

赤に黄色と彩りも様々です。

20101129-3

訪れた時期が少し遅くて、木々の下は錦の絨毯を引いたような華やかさでした。

20101129-4

写真には人がほとんど写っていませんが、周りは観光の参拝客でいっぱい。

20101129-5

みなさん、よくご存知なんですな。

東福寺は京の錦秋を存分に味わえる名刹でした^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紅葉-福知山・長安寺編-

2010年11月28日

福知山の北西、お盆には丹波大文字の送り火が灯される姫髪山の中腹にそのお寺はございます。

20101128-1

「医王山 長安寺」。

20101128-2

今から1400年前、用明天皇の御代に起源をもつこのお寺は、丹波のもみじ寺としても有名で、境内には赤・黄・橙と色とりどりのもみじを始め、立派な大銀杏がそびえる古刹です。

20101128-3

訪れたのが11月下旬とあって、紅葉のピークは過ぎておりましたが広い境内には多くのもみじが色づいて壮観な眺めでした。

20101128-4

このお寺には、織豊時代に福知山城城主であった杉原家次公のお墓が建てられています。

20101128-5

この方は、かの豊臣秀吉の妻、「おね」さんの叔父さんにあたる方で、山崎の合戦以降福知山城の城主となられたとか。

お墓の周りにはきれいなもみじが橙色に色づき、風にゆられてその葉が舞っておりました。

20101128-6

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紅葉-金戒光明寺編-

2010年11月27日

京都岡崎・平安神宮の北東に位置する「金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)」。

20101127-1

幕末の動乱時代に京都守護職に任命された会津藩・松平容保公が本陣とし、新撰組発祥の地として知られる浄土宗の大本山の寺院です。

20101127-2

重厚な山門を色鮮やかな紅葉が彩ります。

20101127-3

ここのもみじは、深い赤色が印象的。

20101127-4

今年の京都は8年ぶりに紅葉の当たり年といわれていて、一段とその赤さが際立つ金戒光明寺の境内でした^^

20101127-5

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紅葉-青蓮院編-

2010年11月26日

紅葉たけなわの京都。

東山にある天台宗の寺院「青蓮院門跡」も紅葉で有名です。

20101126-1

この時期の京都は秋の観光シーズンを迎え、青蓮院も大勢の人出で賑わいます。

ただし平日の朝一番にここを訪れると意外に観光客が少ない場合もあるんです^^

20101126-2

今日は朝一番、開門と同時に参拝。

当然、観光客はおられるのですが日中に比べれば少ないので、紅葉の景色もゆっくりと楽しめます。

相阿弥の作といわれる龍心池。

20101126-3

龍の背を模したといわれる巨岩の上に真っ赤なもみじが彩りを添えます。

20101126-4

静かな庭園ではきれいに手入れされた深い緑の苔と石畳が紅葉と美しい対比を見せてくれます。

さらに進んで「宸殿」へ。

20101126-5

「小御所」との間にあるのは黄色に染まるもみじです。

20101126-6

こちらは「宸殿」から「四脚門」へ向かう途中の黄紅葉。

黄色の紅葉も赤に負けず劣らず見事なものです。

ご覧のようにほとんど貸切の状態で青蓮院を参拝させていただきました。

こんな有名な寺院をゆっくりと拝見できて心洗われるようです。

9時過ぎのお参りでしたが、朝日が東山の空にちょうど現れた頃で、庭園に徐々に陽の光が射してくるさまは実に神々しくておだやかな光景でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

実る柚子

2010年11月25日

紅葉の見頃を迎える京都。

今日は山を越えて京都の柚子の里へ。

20101125-1

色づく紅葉の中、柚子の木には今年も黄色い実がたわわに実ります。

20101125-2

今年は記録的な猛暑で柚子の生りや大きさが今一つなのだとか。

いい実が成っているのか心配でしたが、畑を見て少し安心しました。

20101125-3

今日も畑では柚子の実の収穫が進んでいます。

■ ゆずちりめん

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

自由自在

2010年11月24日

昆布炊きを一通り教わって独りできちんと炊けるまでに3年かかる、

20101124

きちんと炊けるようになって味を自在に操るには5年かな、と今は亡き師匠に言われました。

あれから早10年。

最近、やっと味をさわれるようになった気がします。

でも、これもまた数年経てば、あの頃は青かったと恥ずかしい思いをするんでしょうなぁ。

何度炊いてみても、味の完成はないのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

甘い味噌汁

2010年11月22日

京都のお味噌、「西京味噌」。

この白いお味噌で作った味噌汁は、茶色のお味噌のそれより甘い味がいたします。

20101122-1

味噌汁=塩辛いっていうのが一般的な人の感覚ですから、馴染めない人も多いようですが、「味噌汁」ではなくて京都の和風スープだと思っていただけば新しい味として受け入れてもらえると思います 笑。

20101122-2

また、お味噌には様々な種類がありますから、白味噌に少し他の味噌を混ぜてお使いいただけば、あなた独自の美味しい味噌汁を作っていただくこともできるんです。

やわらか頭でぜひ新しい味にチャレンジしてみてください^^

丹波佐治兵衛のお味噌

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

燃える秋

2010年11月21日

山から里へ下りてきた秋も今が真っ盛りのようです。

20101121

市街地を抜けて山野へ車を走らせると、燃えるような紅葉の木々が見られます。

20101121-2

今日は晴れ渡った空の青さと相まって、紅葉の美しさが一段と映える丹波の休日でした^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

躍るちりめん

2010年11月20日

今日はちりめん炊きでした。

市場で仕入れた徳島・和田島のちりめんじゃこ。今年、ここのちりめんじゃこは上質でいい品物が多かったです。

いつものように釜の中^^

20101120-2

炊き始めはご覧のように色も白く、釜の中でじゃこが躍っています。

20101120-3

炊き上がりはごらんのような色合いに。色あわせは毎回 神経を使います。

さて、仕事を終えて夕暮れ時、今日は雲のない東の空に夕陽に照らされたきれいな月がかかっておりました。

20101120

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る