山芋の等級規格・「秀」と「優」について

2009年10月29日

当店が扱う丹波・篠山産 山の芋には「秀」と「優」という2種類の規格がございます。

まず、「秀」が「優」よりも上等です。

「秀」と「優」の違いはその見た目にあります。「秀」は表面がなめらかでツルツルしておりますが、「優」は表面がデコボコしていたり、芋の表面に「割れ」が生じています。

「秀」か「優」かの違いは前述の通り、見た目であり味・品質について変わりはありません。

ただし、「優」は表面に割れがあるため、皮をむかれる時に取り扱いが難しかったり、「秀」よりも捨てるところが多いといったデメリットがございます。

実際の違いは下の写真をご覧下さい。

丹波・山の芋 「秀」品
20091029-1

丹波・山の芋 「優」品
20091029-2

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る