月別アーカイブ: 2009年9月のブログ

松茸めし準備中

2009年9月30日

毎年、この時期に地元で「松茸めし」の炊きたて販売をしています。

季節の味をみなさまへお届けしよう、と 1984年に始めて今年で25周年。

販売は明日10月1日からなのですが、只今その売り場の準備中。

20090930

今では多くの方々が待っていて下さる恒例の味となりました^^

明日から忙しい日々が始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

久しぶりの雨

2009年9月29日

気がつけば2週間以上も雨らしい雨がなかった京都丹波。

20090929

昨晩からまとまった雨が降り、今朝はひんやり肌寒くなりました。

遠くの山には霧がかかり、近くの草むらからは虫の鳴き声。

山里の時間はゆっくりと流れてゆきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

時代の味と次代の味

2009年9月28日

食べ物の製造をやっていて一番気を遣うのはやはり「味」です。

伝統の味などと言いますが、和洋中さまざまな味が楽しめる現在、ずっと同じ味では人々の嗜好から外れてしまいます。

20090928

どんな味がその時代にふさわしい自社の味か、時に理科の実験のような試行錯誤を繰り返します。

そんな中から、次代へと続く味が生まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

秋桜

2009年9月27日

秋桜といわれて日本の秋に溶け込んだコスモス。

20090927

日本に入ってきたのは意外にも明治になってからで明治20年(1887)頃なのだとか。

まだ、120年あまりしか経っていません。

私たちの周りにあって、ずっと昔から日本にあったように思えても実は歴史が浅いものって多いんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

石榴(ザクロ)も今の時期

2009年9月25日

秋はさまざまな植物が実をつける季節ですが、石榴(ザクロ)も今の時期って今日知りました^^;

20090925

ザクロの実をかじってみても、酸っぱいだけで美味しくはないのですが、子宝に恵まれるってことで注目されているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

外見は無関係

2009年9月24日

今日は近所に住んでいられる元従業員さんが、自宅で採れたピーマンを持参してくれました。

20090924

パッと見では「ししとう」に見えなくもないのですが、味は立派にうまいピーマンです。

こういう規格外の商品は値が付かず二足(束)三文なんだそうです。

我々日本人はしだいに物事を外形で判断する傾向が強くなっているようですが、モノの本質を見極める目も養わねばなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

月と翼

2009年9月23日

夕暮れに空を見上げると小さな三日月。

その下に雲がたなびいてまるで天使の翼のよう。

20090923

シルバーウィーク最終日。空いっぱいに広がった雄大な情景でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今年の柿

2009年9月22日

柿にも成り年と不作の年がありまして、昨年(2008年)は成り年でした。

二年続けて成り年になるのは珍しいのですが、丹波では今年もたわわに実ってます。

20090922

成っているのは高所なので「味」は簡単に確かめようがありませんが、今年もたくさん食べられそう。

柿好きなんで楽しみです^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

秋の野

2009年9月21日

秋の野といえばススキ。

昔は河原一面に穂を揺らして群生していたものだけれど、最近見かけなくなりました。

20090921

風情があって人気の茅葺きの建物。

20090921-1

この茅(萱)(カヤ)っていうのはススキのこと。

昔は人々の生活にとって大事な植物だったので、茅場(カヤバ)といって、ちゃんと手入れして育てていたそうです。

「茅場町」っていうのはその名残なんでしょうかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る