月別アーカイブ: 2008年1月のブログ

柚子こしょう

2008年1月31日

お恥ずかしながら、「柚子こしょう」って使ったことがありませんでした。

20080131

柚子と胡椒を合わせたものか、とも思いました(笑)

柚子こしょう:柚子の皮と青唐辛子をすりおろし、塩を加えて作ったもの。

九州は大分の特産品で、当地で青唐辛子のことを「こしょう」と称していたのが、名前の由来とも言われています。

関西でも鍋の時に使用しますが、様々な食べ物に少量付けていただくと、ピリッと効いて、ひと味違った味を楽しむことが出来ました。

職業柄、味噌汁に入れてみましたが、柚子の香りもしてオツなものでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

家庭で出来る「味」の工夫

2008年1月30日

食卓での調味料の使い方を見ていると、醤油やお酢を たっぷりかける場面に出くわします。

でも、それでは料理の味が台無し。

醤油やお酢、塩といった、これを基礎調味料なんて言うんですが、それらは実は繊細なんですね。

召し上げる前に、ほんの少しだけ使ってみてください。例えば、一、二滴。

料理の味が引き締まったり、香りが良くなったり、味わいに変化が出たりと、実に多様な味に変化します。

いわゆる隠し味です。その調味料が表に出てこないぐらいで使うとよいですね。

最近は、味の濃い料理が氾濫していますが、こういう微妙な味の違いを知ることで、味覚が研ぎ澄まされるってことがありますから、是非試してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

どうなってるんだろ

2008年1月29日

興味をもって街を歩いていると、今まで見えなかったものが見えてきます。

特に最近は商品やブログの写真を撮りますので、美しいものにはすぐ反応。

20080129

某有名ホテルのロビーで見つけた花ですが、実に美しく活けてありました。

1メートルはある壷に、見事なストレリチアとユリの花。

全体が見事なバランス。どうやって活けていくのでしょうか?

生け花やフラワーアレンジメントって、きっと奥が深いですよね。商品の盛り方や配置に通ずるものがあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

白い長靴

2008年1月28日

製造工場では、白い長靴を履いて作業するのですが、醤油など色の濃い原料を使っているので、毎日洗っていても徐々に茶色くなってきます。

友人に制服や作業着を扱っている【制服道場】の細見さんがおられるので、仕事帰りに長靴を受け取りに事務所へ寄ってみました。

サイト上では、ひょうきんなキャラクターのイメージですか、事務所ではさすがに代表者。

20080128-1

夜も遅いのに、お客様からの電話に一生懸命応えておられました。

写真の構図がおかしいですが、決して悩んでいるわけではありません 笑

20080128-2

おかげさまで、注文していた長靴もばっちり。

専門店って、ここぞというとき役に立ちますね。

制服道場の白い長靴は食品以外でも十分使えると思う ^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

大阪で勉強会

2008年1月26日

今日は、ネットショップの草分け、【Tシャツ 通販】京都イージー 岸本さん主催の勉強会に参加してきました。

20080126

総勢100名にのぼるネットショップオーナーのみなさんが全国から集い、約4時間にわたっての勉強会です。

みなさんの先進的な取り組みを目の当たりにする機会を得て、自分のショップの改善点を痛切に感じることが出来ました。

よりお客様のために・・・・ ショップの改善を続けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

例年、1月25日は積もるんです

2008年1月25日

丹波福知山は、大寒を過ぎた1月25日ごろには、よく大雪に見舞われます。

今年も案の定、雪が積もりました。

20080125-1

最近、暖冬傾向で油断していたせいもあって、車はご覧の通り。

雪下ろしが出勤前の一仕事です。

しかし、今年は大した雪にもならず、昼ごろには青空が広がり、屋根の雪がきれいに輝いておりました。

20080125-2

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都の一コマ

2008年1月24日

昨夜は、京都で新年会。

一夜明けての帰途の途中、二条城の傍を通りました。

20080124

京都は、路地や寺のイメージが強いですが、町の真ん中には京都御所やごらんの二条城など規模の大きな建物もございます。

現在の二条城は徳川家康による築城で、慶長6年(1606)から着手し同11年(1611)に完成したものです。
二の丸御殿は 1952年(昭和27年)3月29日に国宝に指定。また、94年に世界遺産として認定された、古都京都の文化財の一つでもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

天然醸造

2008年1月18日

20080118

天然醸造。

味噌についてこんな言葉が聞かれます。

「天然醸造」とは大豆、米、麦、塩などの原料を仕込み、季節の移ろいにまかせて発酵熟成させ、味噌をつくる製法です。

対して「速醸」「温醸」という製法があります。

これは、人工的に加温、加湿等を行い、短期間のうちに味噌を醸造する製法のことを言います。

短期間で味噌が醸造できるので、大量生産や低価格に向いた製法といえるでしょう。

現在では後者も技術が進み、出来栄えも遜色ないものとなっています。

では、なぜ天然醸造にこだわるのか・・・

味噌が日本人の食を支えるようになって1,300年以上。そのほとんどの期間、私達の祖先は天然醸造の味噌を食してきました。

我々のDNAには、日本の四季を経た天然醸造の味噌の味が刻み込まれている、と私は考えているからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る