月別アーカイブ: 2007年12月のブログ

いよいよ年越し

2007年12月31日

2007年も残りわずかとなって参りました。

丹波佐治兵衛の家では、例年、大晦日の食卓を「年越そば」と「年越し鰯」が飾ります。

本年は「にしんそば」。

20071231

一年を無事に過ごし、家族みんなで年越しを送る。

年の終わりの当家の慣わしです。

それでは、皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

雪のない12月

2007年12月30日

12月7日の日記で、「12月初めに雪が降らない年は、年末にドカッと降ることがある」と書きました。

昨晩の気象庁の予報では、今日はこの冬一番の寒気が襲来し、京都府北部も30~40cmの積雪とのこと。

長年の経験は当たるものやな、と思っておりましたが、夜が明けるとご覧の快晴。

20071230

寒い風が吹いたものの、穏やかな一日が過ぎていきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

大掃除、そして・・・

2007年12月29日

お正月まであと2日を残すのみ。

29日は恒例の大掃除。1年の間に溜まった様々なものを整理整頓いたします。

きれいになった事務所には、鏡餅とお花と献上酒を用意し、新年を迎える準備が整いました。

20071229

京都丹波は明日から、この冬一番の寒波が襲来するとか。

来年は、雪の風情あふれるお正月になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

まだまだ出荷は続きます

2007年12月28日

ホームページサイトは本日から明年1月6日までお休みを頂戴いたします。

といって、丹波佐治兵衛が全く動いていないのかというと、実はそうではありません。

これまでにご予約いただきましたお客様の発送業務はホームページの裏側でコツコツと進められております。

商品のお届けをお待ちのお客様、今しばらくお待ち下さいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

迎春準備

2007年12月27日

お正月、初詣の参拝客で賑わう神社だが、暮れの様子はどうなのだろうか。

今日は、ちょうど正月の縁起物に当店の梅昆布をお使い下さる「大原神社」へ商品をお届けした。

20071227-1

社殿は、注連縄(しめなわ)が飾られており、参拝客用のテントも設置されていた。

20071227-2

門松はこれからのようで、立派な竹と見事な南天の実がしっかりと用意されている。

あと4日もすれば、この境内も明るいライトに照らされ、多くの人々で埋まることとなる。

いよいよ、新年が近づいてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今年のピークは今日だった。。。

2007年12月25日

お歳暮の時期は地方によって異なる。

関東は早くて12月初め、関西でも都市部は同じ頃がピークだが、地元丹波は例年12月半ば頃が最盛期となる。

今年は、すでに冬至を過ぎてほぼ終わったものと考えていた。当然、倉庫の商品も減っている。

ところが、暖かな日が続いて、秋の延長のように思っていたら早年末。
みなさんあわててお歳暮を思い出したらしい。

この週末が今年のピークとなってしまった。。。

あっという間に在庫が底を尽き、工場も事務所も大慌て。
立て直すのも一苦労となりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

忙中修理

2007年12月22日

佃煮に醤油は付きもの。その醤油の塩分濃度は濃口で15~16%、淡口(うすくち)では18~19%にもなる。ステンレスは文字通り「錆びない」と思われているが、よほど耐腐食性が高くないと、醤油の元では錆びてしまう。

先週のトラブルを機に、今一度、設備の点検をすると大釜の回転軸の軸受けが腐食し破断寸前であることが判明した。炊き物をしているときに事故など起これば大変なこと。

20071222

お歳暮商戦も一段落した今日は、朝から釜の部品交換を委託した。
カバーを外すと、しっかり組み込まれた軸やギアが現われるが錆びて全くバラせない。

20071222-3

悪戦苦闘の8時間。ようやく組みなおされた釜は、新品同様の滑らかな動きとなって甦った。

来週もまだまだ活躍するが、一足先に新年を迎えたように光っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

宇宙

2007年12月21日

日本政府はUF0(未確認飛行物体)を確認しているのか?という質問が国会でなされたらしい。

つまり、地球外の生命体が日本周辺を飛んでいるのを確認したことはあるのか、ということを聞きたいのだろう。

政府としては確認したことはないのだそうだ。

地球まで飛来していないにせよ、我々のような、いやもっと高度な生命体は存在しないのだろうか。

銀河系には2000億もの恒星があって、宇宙には何千億もの銀河があるといわれている。恒星の数だけで100じょ(漢字は禾+予)、つまり10の26乗にもなる。

20071221

素人が考えても、我々の存在が10の26乗分の1とは思えない。

夜空の向こうには想像を絶するほどの星があり、多くの知的生命体であふれているのだろう。
恒星の数だけで10の26乗。惑星をいれるとこの何倍になることか・・・

知的な生命体が存在するにしても、お互いを見つけることすら難しいようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

以心伝心

2007年12月20日

仕事をしながら、ふと遠くの友人のことを思い出した。

昨年の初めに知り合ってもう一年以上も会っていなかったのだが、「今頃どうしているのかな、がんばっているんだろうな」などと・・・

昼になって事務所に戻ってくると、なんとその彼から便りが届いていた。本当にびっくりした。あまりの驚きにすぐ連絡をとった。

以心伝心とはこのことか・・・今度一度ゆっくり会いたいものだ。

世に人の縁とは不思議なものよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

年賀状

2007年12月19日

来週の打ち合わせのためにカレンダーに目をやると、いよいよ最後の1週間と相成った。

そろそろ、年賀状を書く時期かな・・・

20071219

昨年は、大晦日になってしまって届いたのが1月5日過ぎという方も出てしまった。
新年早々、失礼なことは出来ないからなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る