月別アーカイブ: 2006年3月のブログ

全国高等学校女子硬式野球選抜大会

2006年3月31日

20060331

 丹波佐治兵衛の地元 福知山市の隣町、丹波市市島町で全国高等学校女子硬式野球選抜大会が開かれていました。

 高校野球女子の「甲子園」といったところでしょうか。

 佐治兵衛も小、中学校と野球をやっていましたが、最近はどうもサッカー人気に押され気味のようです。そんな中の高校生女子の硬式野球試合です。

 通りがかったのがちょうど昼休みだったこともあり、しばらく観戦しました。

 全国レベルの大会ということもあり、選手のみなさんさすがにキビキビとした動きで、打球の勢いも鋭いものでした。

 一昔前なら、女性が硬式の野球をやることは考えられなかったことですが、彼女らの試合を見ていて、それが単なる思い込みに過ぎなかったことに気づきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

花束もインターネットで

2006年3月30日

20060330
3月、4月は歓送迎の季節です。 今日は3月で退職されるスタッフの送別会がありました。

 有志一同から花束を贈ったのですが、ネットショップの勉強会でご一緒させていただいている東京の花屋さんに花束を作っていただきました。

 花束もインターネットで取り寄せられる時代となりました。

 きれいな花束で送る側も送られる側も心が豊かになった一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

春の雪

2006年3月29日

20060329

 昨日、明日は冷え込むとこの「つれづれ」に書きましたが、内心は半信半疑でした。

 もう3月も終わり、桜の便りも聞かれるような時期だったからです。

 しかし、今日の丹波は冬の厳しい寒さに逆戻りし丹波佐治兵衛にも雪が舞いました。

 さすがに積もったりはしませんでしたが、近くの山は山頂付近が薄っすらと雪化粧しておりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

春の嵐

2006年3月28日

20060328

 午後、営業に出かけいましたら突如激しい雨に見舞われました。

 ワイパーも利かないような激しい雨で、まさに「春の嵐」といった様相でした。

 春の嵐を経ると季節はいよいよ春、真っ盛り。

 早く穏やかな季節が到来しないかと待ち遠しい限りですが、今日の深夜からは日本上空に寒気が流れ込んでくるとのこと。

 寒暖の差が激しいので、健康に留意して日々取り組みたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

渡り鳥

2006年3月27日

20060327

 日本で冬を越した渡り鳥たちも、そろそろ北行の準備を始める頃。

 丹波を流れる「由良川」の支流のひとつ「土師川(はぜがわ)」の水面にも真鴨が多く見られるようになりました。

 時折、水面に潜って小魚か水草を獲っているようです。

 これも、北行の準備の為の体力作りなのかもしれません。

 5月になれば、仲間と共に、みな北へ向かって旅立っていくのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

春の行楽シーズン

2006年3月26日

20060326

 梅が咲き誇り、ちらほらと桜の便りも聞かれるようになってきました。

 いよいよ「日本の春」到来ですね。

 学校も春休みに入り、行楽に向かう車も増えてまいりました。

 地球温暖化の影響でしょうか、桜の開花も年々早くなり、今週末には丹波でも桜が咲き始めるとのことです。

 あちこちに出かけ、桜を思う存分に楽しみたいと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

サイゴン式コーヒー

2006年3月25日

20060325

 昨日に引き続き、今日もさわやかな晴天に恵まれました。

 丹波佐治兵衛は今日は休日です。最近流行りのアジアンカフェでサイゴン式コーヒーを一杯いただきました。

 濃いコーヒーに練乳を溶かした不思議な味を楽しみながらアジアンデザートを食し、ゆったりとした午後のひとときを過ごしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

春の陽気

2006年3月24日

20060324

 ここ丹波も今日は一面の青空が広がり、一段と暖かい一日となりました。

 南国では、早々と「桜の開花」が報じられていますが、丹波ではあちこちで梅の花が満開で我々の目を楽しませてくれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

第78回センバツ高校野球大会

2006年3月23日

 今年もいよいよ、春のセンバツ高校野球大会のシーズンが到来しました。

 先日のWBC(ワールドベースボールクラシック)での日本優勝の直後ということもあって、サッカーに押され気味の野球人気が幾分回復したようにも思われます。

 奇しくも、WBCで日本チームを率いた王貞治監督の母校である早稲田実業が18年ぶりに出場するというので話題を集めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

人と人の助けあい

2006年3月22日

 駅へ向かって早足で急いでいますと、ス~ッと車が近づいてきました。

 道でも聞かれるのかと思って足を止めますと、運転席の壮年の男性が声をかけてくださいました。

 「お急ぎのようですね、近くなら乗っていきませんか?」

 「ありがとうございます、もうすぐそこですので構いません。」と返事したのですが、親切心に関心いたしました。

 昔は、人と人の助け合いがもっと気軽にあったものですが、最近は関係が希薄になったり凶悪な事件があって他人と交わることが避けられたりしています。

 いつの日か冒頭のような温かな人間関係が戻ってくるとよいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る